滝澤工務店スタッフブログ

takizawak.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 14日

器用な専務の部門教育

こんばんは、総務部の川出です。

先日の協力会でも、専務が協力会社さんに見せていましたが、このところ大工部がさかんに勉強会を行っています。

当社では、会社目標が社長によって定められ、そこから部門目標、さらに個人目標というように、各部ごと、そして個人ごと目標を定めて1年間それぞれ努力、または挑戦します。さらに部門長は、各部員の力量を上げるために、教育・訓練の実施も行います。

大工部は、若い新入社員がここ数年多く入社しているため、部門長の専務も、様々な継ぎ手や仕口などを紹介し、そして実際に作らせてみるということを行っているそうです。

当社の専務も今でこそ、設計や現場管理を行っていますが、昔はバリバリの大工。器用さは会社No1、なんでも作ってしまいます。

この継ぎ手、引っ張っても抜けません。
b0266218_19461259.jpg

外してみるとこんな形をしています。斜めに力を入れることによって外れます。
b0266218_19473380.jpg

また千鳥格子(右)や螺旋組(左)なども、実際に専務が作り、若い大工部の社員たちに教えているそうです。
こうした先人たちが考えだした、様々な知恵と工夫を勉強することって、若い大工にはすごく勉強になりますね。
b0266218_19474086.jpg
b0266218_1947596.jpg


各部それぞれに頑張っています。

ちなみに、総務部の数年前までの教育・訓練の実施計画は、
「川出を私たちと同じレベルまでひきあげること」
という内容。
・・・。
一点集中、超個人指導です。
なんとも恐ろしい時代でしたが、おかげで多くの事を学びました。

器用な専務の大工部教育。
若い大工のみんなも多くを学んでもらいたいです。
[PR]

by takizawa-so | 2012-11-14 20:19 | スタッフ


<< プリンのブログとチームワーク      プリン >>